2007年12月08日

ハーブ教室★HARBソーセージ

昨日は、先週に引き続き瀧田勉先生のハーブ教室でした。

今回は、待ちに待ったハーブソーセージ!!!!

まずは、ソーセージの言葉の由来から・・・。
「ソー」とはヨーロッパの古い言葉で豚肉のこと、
「セージ」は、ハーブの「セージ」のこと。

お肉にセージの防腐効果を使って混ぜ込んだことが始まりだそうです。

・・・・知らなかったです。昨日もまた新しいこと覚えましたicon22


今回使ったハーブは、セージを含めて全6種類。
セージ・ローズマリー・フェンネル・タイム・オレガノ・チャイブ。
すべてフレッシュハーブ(生ハーブ)なので、香りと色がとってもきれいでした。

◆基本材料◆
ひき肉(お肉の大きさを分けるという職人技もこっそり伝授してもらいました)
たまねぎ

片栗粉
スープ
胡椒
ハーブ


基本材料を混ぜるのは、すべて瀧田先生が説明をしながら作って頂き、
私達は、ラップを使った成型のみ。



こちらを沸騰させたお湯で15分ほど煮て出来上がりです。

ラップを使って、こんなに簡単にソーセージができるとは、驚きですface08


出来上がったソーセージの色をみて、先生は、

「本当の、何も添加物が入っていないソーセージの色です。
ぜひご自宅で作って、子供達に本物のソーセージの色を見せてあげてください。
赤いソーセージは、添加物の色であるということを教えてあげて下さい」


とおっしゃっていました。

ほとんどのお肉の加工品には、添加物として、発色剤「亜硝酸ナトリウム」が入っています。
こちらの添加物が、体に良くない影響を与える恐れがあることを知ってから、
我が家でも、市販のソーセージ・ハム・いくら・たらこは、ほとんど買っていません。
買う場合は、手首の運動をして(原材料名を見て)、亜硝酸Naが入っていないものを買っています。



※ここで上記の「亜硝酸ナトリウム(亜硝酸Na)」とは・・・

以前にもこちらのブログで取り上げましたが、
許可されているのが日本だけとも言われています。

主に、ハムやベーコン・イクラ・たらこなど発色剤として使われる亜硝酸ナトリウムは、
染色体異常を懸念され、アメリカではベビーフードへの使用禁止になっています。

また、

亜硝酸ナトリウム と ソルビン酸(保存料)、
亜硝酸ナトリウム と パラオキシ安息香酸エステル、
亜硝酸系の添加物 と 添加物のアミノ酸(※天然アミノ酸ではありません)は、

組み合わせによったり、紫外線を浴びたりすると、
発ガン物質を作り出す恐れまであるということを聞きました。

単体でも怖い亜硝酸ナトリウムという添加物、
食品添加物同士の食べ合わせによって、更に危険度が増しているようで、
なるべく摂取は控えていきたいものです。



さて、無添加ハーブソーセージの出来上がりは、こんな感じface02




しっかりと肉汁が出てきて、ハーブの香りが利いて、
とまらない美味しさでした。

これからは、自宅で安心美味しい手作りソーセージが、
楽しめますicon14

姪っ子や甥っ子にも、ぜひ作ってあげたいと思っていますicon27

毎回毎回、得るものが多く、大変勉強になります。
瀧田先生、今回もありがとうございましたicon06  

2007年12月03日

ハーブ教室★スローなコスメ

先週の金曜日。
いつもお世話になっている瀧田勉先生のハーブ教室でした。

今回のお題は、スローなコスメ

自然素材を使って、体と環境に優しいコスメ作りを教えて頂きました。

まずは、口紅作り。

◆基本材料◆
キャンデリアワックス
みつろう
キャリアオイル
無機ピグメント 
エッセンシャルオイル(ベルギー王室ご用達の精油「ラベンダー」を使いましたicon12

今回は、キャンデリアワックスとみつろうの割合を1:1にして下さったのですが、
グロスのように、柔らかく作る場合には、みつろうの割合を増やすと良いようです。

無機ピグメントは顔料ですが、もちろん体にやさしい自然素材!!
好きな色をブレンドしていきます。
こちらの作業が、最高に楽しかったですicon22


そして、手作り化粧水作り。

◆基本材料◆
仁井田本家(福島県郡山市田村町)の料理酒「旬味」
ゆずの種
ローズマリー

こちらの料理酒「旬味」は、女優の石田えりさんも単体で化粧水としてご愛用しているのだとか。
以前にテレビで放映されたようです。

一般的な料理酒の8倍の天然アミノ酸が含まれているので美肌効果バツグン。

※もちろん、アミノ酸が多いのでお料理に使えば美味しさUPだけでなく、
高い抗菌作用で保存性もUPし、炊飯・煮物・揚げ物・炒め物・焼き物など幅広く使えます。

そして、ゆずの種の「ペクチン」という成分で保湿効果をプラス。


食べて美味しく、使って嬉しいこちらの料理酒、
早速、買ってみようと思いますface02
地元のお酒を使えること、とっても嬉しいです。






最後に、毎回お楽しみの瀧田先生が入れて下さるハーブティ。
今回は、ローズヒップ&ハイビスカス&バラ。

見た目も最高に美しい上に、
酸味はまろやか、爽やかな香りで、私好みなお味でしたicon06


口紅の顔料やハーブティのキレイな色をたくさん見て、
今回は特に視覚的に癒されたハーブ教室でした。
今週も楽しみですface02
  

2007年11月11日

ハーブ教室&ハーブ鶏party

おはようございます。

先日の金曜日は、またまた大好きな瀧田勉先生の新たなハーブ教室に行ってきました。
今回は、「ハーブのある暮らし」と題して、
お料理だけでなく、ハーブを使ったこけ玉作り・クラフト・化粧品作りもあります。

昨日のお教室は、「ハーブのこけ玉作り」
用意してくださったハーブは、
・ヤロウホワイト
・クレソン
・ホワイトクローバー
・セダム
・オオバコ


作り方は、

1・ベーストなるどろ団子を丸める。
(けと土と培養土と炭を少々混ぜた泥)

2・どろ団子に、好きなハーブを植えつける

3・まわりにこけをはわせて、土に帰る自然の糸で巻いて養生。

瀧田先生が手早くこけ玉を作り終わり、その出来栄えに一同拍手icon23icon23

とってもかわいくて、つくりはじめた私達。

・・・・・・このこけ玉、すっごく難しいんです。
どろ団子がなかなか丸まらない。face08
そして、ハーブを植えると崩れる。face07
苔をはわしている間に、どんどん壊れる・・・・・。face10

一個目を作り終わったのは、恐らく私が一番遅かったと思います。

どろ団子が丸まりにくくぽろぽろしているのは、
水はけをよくするためだそうですが、
先生のどろだけ、まとまりやすくなっている気がしてならなかったです^^;


出来たものは、こちらの三個。
とても上出来とは程遠いものですが、自分で作ったので愛着がたっぷり。
大切に育てます。




そして、昨晩は、
知り合いの新築partyに旦那様と二人でお呼ばれしてきました。

新築のお宅には、ダッチオーブンがあるとのことで、
瀧田先生に教わった通りに、友達とハーブソルトを作り、
自分で仕込みをしたハーブ丸鶏を持参。

電気オーブンとは違い、短い時間で焼けるダッチオーブン。
ハーブのいい香りが部屋中を蔓延して、みんなの興味は、ハーブ鶏に釘付け!!
肉汁が最高にじゅるじゅるで、集まった8人は、大歓声を挙げながらの大盛り上がりなpartyでした。

   


丸鶏とは別に、無農薬玄米で作ったお野菜・きのこたっぷり「ハーブ鶏リゾット」も作っていったのですが、
こちらもなかなかな評判で、嬉しかったです。

たくさんの人に美味しく食べてもらえて、
この丸鶏ちゃんは、幸せ者だと思います。


瀧田先生、ハーブのある暮らしをありがとうございました。  

2007年10月13日

ハーブクッキング教室★丸鶏のハーブローストチキン

本日は、6月から通っておりました瀧田勉先生のハーブクッキング教室、最終回!!!
毎回、毎回本当に楽しく、美味しく、お勉強をさせていただいておりました。

前回の「デザート&スイーツ」の回は、残念ながら出席できなかったために、
今日の最終回にかける想いは強く、かなりハイテンションなお教室でしたface02

今回は、 「丸鶏ハーブローストチキン作り」
これからの季節・・・クリスマスにはいつか焼いてみたいと思ってました。

手作りハーブソルトを使って、
国産ハーブ鶏を丸ごと調理します。

まずは、手作りハーブソルト作り。
材料は、
Agroup 塩(にがりを多く含む赤穂の塩)
Bgroup 香味ハーブ ガーリック・オニオン・セロリシード
Cgroup ハーブの種 フェンネルシード・アニスシード・コリアンダーシード・クミンシード
Dgroup ハーブの枝 ローズマリー・タイム
Egroup ハーブの葉 バジル・イタリアンパセリ

ハーブを上記のようにB~Eまでグループ分けをして、
材料の硬いグループ順にグラインドしていきます。

お部屋中に、ハーブの香りが漂います。
グループごとにグラインドしていきますので、
どんどん香りが変わっていくのも、また楽しく、心地よいハーブの香りにうっとりicon06

こんなにたくさんのハーブが手に入らない場合は、
これらのB~Eグループからそれぞれ一種類以上を、
混ぜ合わせることで、深みのある美味しいハーブソルトになるようです。

すべてのハーブをグラインドしてから、最後に塩を入れます。
塩を入れることで、保存効果が加わり、香りや発色もよくなります。
ハーブのキレイな緑色が出てきました。


手作りハーブソルトが作り終わったところで、
早速国産ハーブ鶏を丸ごと調理していきます。

丸鶏をハーブソルトを使って丹念にすり込み、タコ糸で成型し、
一晩寝かせて、(これが、美味しさを封じ込める秘訣!!)
お野菜達(旬の根菜類がオススメ)と1時間30分近くオーブンで焼きます。


※教室では、タコ糸での成型の仕方まで教えていただき、
大好きな試食は、先生が事前に作ってきて頂いたハーブローストチキンとお野菜達。



一緒に焼いたお野菜達の美味しいこと・美味しいこと。
もうお野菜だけでもkittenは感激・大満足でしたが、
ハーブチキンは、やっぱり最高☆


調理をされている最中にとても印象に残ったことがありました。

瀧田先生が、このハーブ教室で丸鶏を使用するのには、
「大切な命を頂くこと」を小さい子供の時から伝えたいという想いがあるとお伺いしました。

確かに、モモや手羽先などの部位だけを頂くと、「食べるためのお肉」という感じですが、
このように丸ごと一羽を、みんなで分け合いながら頂くことで、
お肉の部位を学ぶことにもなりますし、
何より、大切な大切な一つの命を考えるきっかけになります。

日々の食卓で、こんな風に命の大切さを伝えることができたら、
とても素敵なことですねicon12

瀧田先生の食に対する熱い想いに、感激しました。



さて今回のお土産は・・・・・
なんとface08先生が作って焼いてきて頂いたこちらの丸鶏のローストチキン。
こんな豪華なお土産、本当にありがとうございますicon06



そんなわけで今日のkitten家は、二人だけでちょっとしたパーティを開きました。
命の大切さを感じながら、楽しかったハーブ教室の話に花を咲かせながらの、
楽しい夕食。
最高に美味しかったですicon22


ティファニーのワイングラスで乾杯ワイン
kitten特製ノンオイルで作った野菜デミグラスシチューと共にお野菜もたっぷり頂きました。



瀧田先生、本当にありがとうございました。


※瀧田先生のハーブ教室にご興味のある方は、
先生のHPよりお好きな講座の申し込みが直接できます。
詳しい講座の日程・場所などはこちらから  

2007年09月09日

ハーブクッキング教室★ハーブでパスタアラカルト

昨日の土曜日は、大好きな仲間とともに、
お馴染み瀧田勉先生のハーブクッキング教室。第三回目!

今回は、「ハーブでパスタアラカルト」

先生が丹念に育てられた、スイートバジルを鉢ごとお持ちくださり、
本当に摘みたてフレッシュハーブを用いて、
ハーブペースト作り。

ハーブペースト作りと言っても、私たちはハーブの葉っぱの摘み取り専門。
後は、先生がお作りになっているのを、観察!!!がメインでした。

材料をミキサーでミックスするのですが、
塩とレモン汁を入れることで、色止めになるそうです。
毎回、ほんのちょっとしたことがお勉強になります。


そして、和風ハーブドレッシング作り。
先生が計量してくださった材料を、ボトルの中でそれぞれシェイクっ!!!
(植物油・醤油・酢・砂糖・セロリシード

今回も、前回に続き、植物油は、コレステロールゼロのグレープシードオイル登場。
そろそろわがキッチンにも、常備させてみようかしら・・・・?

※グレープシードオイルは、リノール酸を多く含んでいるために、
摂取時には、注意が必要です。 2007.09.27追記



そして、そして、セロリシード!!
かなりの優れもの。

この和風ドレッシングの美味しさは、このセロリシードの賜物ですicon12


それでは、毎回最大の楽しみ、試食の時間。


今回は、カッペリーニパスタ・白菜と削りたてかつおぶし・水菜には、和風ハーブドレッシングを。
ジャガイモとトマトには、ハーブペーストをのせて。

右上に映っているのが、こちらも毎回、大好きな先生特製のハーブティ。
暑い日でしたので、アイスのハーブティを入れていただきました。
ハイビスカスとステビア。
とってもきれいな赤い色が、目にも美しかったです。



さて、今日の我が家は、いままでのハーブクッキング教室で習ったことを、
ちょこっと入れたメニューにしてみました。

和風ハーブドレッシングをかけた冷奴。
国産大豆豆腐に、かつおぶし・みょうが・ハーブ2種をのせてみました。
このドレッシング、本当に美味しい。



おうちにあった、大切な頂き物のお野菜達を使って、
ドライカレー風な炒め物も作ってみました。

ししとう・きゅうり・大根・ゴーヤをいためて、トマトピューレと、
前回のハーブ教室「ブレンドスパイスカレー」で作ったお土産カレーソルトで味付け。
カレーソルトも、かなり重宝しておりますicon06

前回のハーブ教室で、野菜カレーを作った際に、きゅうりと大根を入れることに、
とっても驚いたのですが、これがかなり美味しいんです。

もうすでに、我が家では定番になりつつあり、
きゅうりと大根を炒めてカレー味に仕上げるのに、ちょっとはまっています。

蒸し煮にしたかぼちゃと、大安売りだったさばの切り身を添えて、玄米ご飯の1プレート。



色合い・盛り付け共に、あまりイケていないですがface07
お味はGOODでしたface02

バランスを考えて、シイタケ・昆布で出汁をとったお味噌汁も。

ま(豆)           豆腐・味噌
ご(ゴマ)          有機黒ゴマ
わ(わかめ・海藻類)   昆布
や(野菜)         きゅうり・大根・ししとう・ゴーヤ・かぼちゃ・みょうが・ハーブ
さ(魚)           さば   ※今日は、JAで買った麗山高原豚のひき肉も少量使っています。
し(しいたけ・きのこ類) シイタケ
い(イモ類)        ジャガイモ
こ(酵素を含む食品)  大根おろし・お漬物・酢・醤油・味噌


今日も、お野菜たっぷり、いただきました。
ありがとうございます。  

2007年07月20日

ブレンドスパイスカレーとハーブサラダ

おはようございます♪
朝からとっても晴れてとても気持ちの良い一日ですね。

目覚めて、とても気分が良かったのですが、
朝ごはんの支度をしていて、ショッキングな出来事が。

冷凍庫の物が解凍されている・・・・face08
大切に保存していた、野菜やお肉やお魚達がface10
冷凍庫が冷蔵庫になっておりました。

少し前から冷蔵庫の中から水が、ぽたぽた・・・・。
数日前から冷凍庫の扉から水が、ぽたぽた・・・・していました。

もう長い年月を働いてくれた冷蔵庫ちゃんも、
そろそろ卒業かしら・・・。


さて昨日は、前回に引き続き、
瀧田勉先生のハーブクッキング教室に行ってきました。

今回のテーマは、「ブレンドスパイスカレーとハーブサラダ」

まずは、オリジナルブレンドスパイスカレー作り。

二十種類のスパイスを混ぜ混ぜ。
それぞれのスパイスの薬効も丁寧に教えて頂きながら、
見事に完成。

体調に合わせて、スパイスを調合させて、
カレー作りができるようになるのが私の夢だったので、
夢に向かってちょっぴり前進?

スパイス集めから行いたいと思います。

入れたスパイスは、
ターメリック。クミンコリアンダー。チンピ。フェネグリーク。フェンネル。シナモン。
カエンペッパー。ガーリック。ジンジャー。ディル。オールスパイス。カルダモン
クローブススターアニス。セイジ。タイム。ナツメグ。ブラックペッパー。ベイリーブス。

この中で、赤字のものは、スパイスの中でも辛味が強いので、
お子様がいらっしゃる方は、要注意です。

お次は、作ったカレー粉に、にがりをたっぷり含んだ天然塩を混ぜて、
スパイスソルト作り。(お土産になります♪)
焼き物や炒め物に、とっても重宝しそうです。



そしてそして、
今回のメイン。

先ほど作ったブレンドスパイスカレーを作って、一から手作りした
旬の夏野菜カレー作り。

カレールーとは別に、一口大に切った野菜をグレープシードオイルで炒めます。



炒めた野菜は、
ズッキーニ三種類。なす。トマト。マッシュルーム。きゅうり。インゲン。
キャベツ。大根。ピーマン。


お野菜達は、下味までしっかりつけてから、カレーベースを絡めて、一煮立ちさせて完成!!




手作りルーのため余計な味が全くなく、カレーと野菜本来の味がしました。
大根ときゅうりを入れるのに、かなり驚きでしたが、
試食してみると、驚きの美味しさ。
先生手作りのセロリときゅうりのピクルスも頂いちゃいました。



また、カレーの隣にあるのが、バーブサラダ。
先生が育てていらっしゃるハーブ達です。

クレソン・・・辛み
マロウ・・・・旨み
ダンデリオン・・・苦み
ソレル・・・・酸味
フェンネル・・・・甘み

この味も香りも全く異なる五種類のハーブに、
先生特製のドレッシングをかけていただきました。
それぞれ単品で食べると、香りや味がきつく感じるのですが、
全て小さくちぎって、口の中でブレンドされると、これまたびっくりの美味しさ。
それぞれが主張せずに、酸味と苦味と甘みと旨みとがブレンドされたサラダなんです。

毎回作ってくださる先生ブレンドの紅茶は、
今回は、カレーにあわせて、さっぱりと、レモングラスとペパーミント。

ところどころに、プロの技を伝授していただき、
新しい発見と驚きと、いつも大変お勉強になります。
ありがとうございました。

使った油脂は、植物性のグレープシードオイルのみの、
野菜たっぷりヘルシー料理でした。
ご飯も、もちろん雑穀米ですface02嬉しいです。

来月は、ハーブパスタと、先ほど登場したスペシャルドレッシング作りの予定。
いまから、とっても楽しみ。

来月までには、
お土産に頂いたブレンドカレー粉を使って、
手作りカレーに挑戦です。



  

2007年06月22日

ハーブクッキング教室★ハーブdeジャム

今日は、大好きな友人と共に、ハーブクッキング教室。

講師は、『ハーブとスローライフの研究家』瀧田勉先生。
福島県の県民運動推進拠点「オフィスうつくしま」にも登録されているハーブインストラクターでいらっしゃいます。

先生のホームページはこちらです。


さて、今日のお題は・・・・
旬の夏野菜と元気ハーブで作る手作りジャム作り

早速作ったジャムをご紹介です。



・ルバーブ ジャム (右上)
・バナナ+ローズマリー ジャム (手前)
・トマト+ミント ジャム (左上)


夏野菜を使ったバナナとトマトのジャムは、色合いがとってもキレイでした。

試食タイムでは、
カスピ海ヨーグルトで使ったプレーンヨーグルトムースに出来立てジャム3種類をつけて。
先生直々に、ペパーミント・タイム・レモングラスを使ったブレンドティーを入れていただき、
ワイルドストロベリーとすぐりを浮かべたハーブティも頂いちゃいました。

通常のジャムは、材料の5割の砂糖を入れるようですが、
今回はヘルシー仕立てで、全て材料に対して2割のお砂糖だったので、
ジャムというより、コンフィチュールに近いとのことでした。

ハーブでジャムとはどんなお味になるのかしら?と想像&期待に胸を膨らませ、
いざ、ジャム作りスタート!!!したのですが、
この3種類のジャムとも、あっという間に出来てしまい、かなり驚きでした。
そして、3種類ともそれぞれのハーブの香りがなんとも言えず、とってもオイシイ☆

一番印象に残ったのが、ルバーブの茎のみを使ったジャム。
このハーブの名前も聞いたことがなかったのですが、(ハーブは相当、初心者です)
程よい酸味とハーブ独特の香りが、kitten好みでした。
このルバーブの茎には、繊維質を多く含み整腸作用があるようで、
便秘にもお腹がゆるい場合にもどちらにも効果があるとか・・・。

まさしく、自然の食べ物の良さ・素晴らしさだと思います。
副作用のない食べ物・食事で体調を管理できたら本当に、理想的ですキラキラ

こういったお話、大好きです。

ハーブの香りに包まれながら、美味しい時間を過ごしながら、
ハーブでゆとりある暮らし・・・スローライフを提案している先生が伝えたいことが、
少しだけですが、伝わってきた気がしました。




さて今日は、ジャムを作るとわかっていたので、
ホシノ天然酵母を使った、砂糖なしの全粒粉パンを焼いてみました。
久々に天然酵母ぱんでしたが、まずまずの出来です。



お夕飯を召し上がった上に、
こちらのジャムをつけて、パンを3切れ以上食べた旦那様。
今日は、ちょっと食べすぎですicon10

その上、本日最後のデザートには・・・



このハーブクッキング教室を教えて下さったやぶさんからのお土産「おばあちゃん手作りのかしわ餅」と、
帰省土産にと、駅前で買ったかんのや「ゆべし」に、もれなくついてくる試食用ゆべし。
(実は、明日・・・今日は東京ヨーガ教室です。)

こちらも大満足な美味しさ。ご馳走様でした。
甘党の旦那様も、本日は、相当ご満悦なご様子icon01


こんな素敵な市民学校があるとは、本当に知りませんでした。
郡山って、すばらしいface02
いつも、とびっきり旬な情報をいただけるやぶさんに感謝icon06
ありがとうございます。


今日の教室のお土産は、ルバーブの苗。
我が家のミントと共に、大切に育てたいと思います。
秋には、ルバーブのジャムが作れるぐらい大きくなる・・・・・予定ですface03