2008年09月13日

六ヶ所村ラプソディー上映会in郡山&たまかわ

おはようございますicon01
今日も心地よい秋晴れになりました。とっても気持ちが良い1日になりそうです。

さて、今日は、サクッとご紹介だけ。
昨年11月に都路で行われた『六ヶ所村ラプソディー』が、
明日、郡山&玉川で上映されます。

以前の記事 
六ヶ所村ラプソディー」「六ヶ所村ラプソディーの感想


日時 9月14日(日曜日)

時間 10:00~ 「たまかわ文化体育館クラブハウス」地図はこちら

時間 14:00~ 「ビッグパレットふくしまコンベンションホールB」地図はこちら


昨年11月に夫婦で見て、本当に考えさせれました。

原子力発電所で出る使用済み核燃料再処理工場について、
反対でも賛成でもない立場で撮り続けてきたドキュメンタリー映画です。
少しでも多くの方に見て頂けたらなぁと思いますicon12

日本原燃のHP

原子力資料情報室

六ヶ所村ラプソディー

坂本龍一さんが立ち上げた STOP-ROKKASHO




同じカテゴリー(ロハス生活(Lohas Life))の記事画像
エコトクくん
でんきを消してスローな夜を☆キャンドルナイト☆
MY箸☆マイ箸
MY バック
ちきゅうにやさしい洗剤
重曹生活スタート
同じカテゴリー(ロハス生活(Lohas Life))の記事
 予防接種で気を付ける事 (2013-07-04 19:29)
 エコトクくん (2009-06-30 22:53)
 でんきを消してスローな夜を☆キャンドルナイト☆ (2008-06-14 16:14)
 人にやさしいナチュラルおそうじ (2007-12-30 14:56)
 六ヶ所村ラプソディーの感想 (2007-11-15 11:33)
 六ヶ所村ラプソディー (2007-11-06 14:46)

Posted by kitten at 09:34 │Comments(2)ロハス生活(Lohas Life)
この記事へのコメント
どうもー。
『六ヶ所村…』のHP見ました。
どの地域でも同じだと思いますが、たいていは地元で起きている
重大な出来事ほど、日常生活に当たり前のように溶け込んで
しまい、気づかないものです。このような草の根活動が
県外で続けられていることを初めて知りました。

HPにもありましたが、世界的な環境保護活動の原典となったのが、
レイチェル・カーソンの『沈黙の春』です。
カーソンはその中でDDTをはじめとする有機合成農薬の危険性
を指摘し、大量の農薬散布が生態系を破壊し、タイトルのように
「春が来ても自然は黙りこくる」現象がいづれ起こるということを
主張しています。
 人間の作り出した科学技術は完璧ではありません。神をも超える
完璧な力を人間が有することは、神から許されず、そして、決して
ありえないというのは哲学的・形而上学的思想ですが、
実際、「技術」というものは完璧ではありません。
スペースシャトル・チャレンジャー号の爆発やスリーマイル島、
チェルノブイリ原発の事故は、技術者の「倫理」が破綻をきたし
生じたものです。日常当たり前に行っている安全のためのチェックが
馴れ合いになり、危険な状態のまま危険なものが稼動するという、
恐ろしい事態に発展します。
「技術」は使う「人」の「倫理」により善にも悪にも、有にも無にも
変化してしまうということです。
 戦後の日本の経済的発展は真の意味で成功したのか、という
疑問もあります。地球環境問題を照らしあわせて考えたとき、
行政に任せきりの体制は新たな問題を生みます。市民が
安全を考え、科学・技術に対して関心を持ち、市民運動を通して
社会倫理を少しずつ考えていくことが大事だと思います。
Posted by うめしょうが at 2008年09月14日 10:19
うめしょうがさま

こんばんは☆いつもコメントをありがとうございます。
本当に、個々の私達が意識をもって、自分達なりに考えて、
何かひとつでも、できることから始めていかなければ・・・・と思います。

この「六ヶ所村ラプソディー」も、
少しずつでも広める活動を続けていた方がいらっしゃるから、
私の耳にも入ってきたのかなぁと思うと、
小さな行動力が、大きな波にもなりうるような気がします。

まずは、自分から変わる努力をしようと思います☆☆☆
Posted by kitten at 2008年09月14日 23:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。