2009年03月10日

旅行5日目 wedding in amsterdam

※2008年9月に行ってきたオランダ旅行記のつづきです。
長~い記事になりますので、ご了承下さい。


5日目午後 (結婚式・セレモニー&運河クルーズ)

いよいよ、この旅行の目的でもあり、
最大のメインイベント「オランダでの結婚式」です。

午前中の美術館巡りを終え、一度3人とも滞在ホテルに集合し、
ドレスに着替えメイクアップをして、
タクシーで結婚式会場となるラグジュアリーホテル・ピューリッツアー(もちろん5つ星!!!)へ。

オランダでの結婚式というのは、
日本の結婚式と全く違うと結婚式を挙げる友人は言っていました。

結婚式場があるわけでもなく
披露宴というスタイルもなく、、
日本のようなウェディングプランナーがいるわけでもない。

すべて一から手作りで、
それこそオーダーメイドの1日をプロデュースしてくれました。

日本から参加する親戚や私達にも気を配り、
彼のオランダにいる親戚や友人達にも喜んでもらえて、
彼女の世界中(ニューヨーク・スイス・パリ・ドイツetc・・・・・)から訪れる友人達にも楽しめるように、
考えられていた1日でした。




まずは、挙式。



その場で、婚姻届にサインをするというのが、
一般的なオランダの結婚式だそうです。

ココからは、新郎新婦が招待客みんなにオランダを楽しんでもらえるようにと、
アレンジしたパーティが始まります。



まず、ホテルの目の前にある専用の船着場から、
運河を巡るボートで、船上パーティワイン

運河の街、アムステルダムならではのイベントです。





ボートの上では、ケーキカットや、





日本から空輸した酒樽で鏡割りをして、
美味しい日本酒を枡で配ったり・・・ワクワクな出来事が盛りだくさん。





コレには、外国人参加者は大喜びicon14
「サケ、オイシイネ~」なんて言ってました。

確かに美味しい日本酒でした。

船の中は、和やかな話しやすい雰囲気で、
いつの間にか新郎・新婦のお友達やご親戚の方とも、意気投合!

日本語・英語・オランダ語が入り混じった、
楽しい楽しい時間でした。

運河で行きかう他のボートからも、
こちらの結婚パーティの様子を見て、
「conglcturation!!(おめでとう)」と声が聞こえてきました。


この日は、雲ひとつない晴天。
ほぼ毎日が雨というこの季節に、
こんな快晴になるなんて、
天からも祝福を受けているようでした。

ボートから出ることもできます。





マヘレのはね橋の下で、KISSをすると、
永遠に幸せになれると言います。






カップルで参加した方達は、一斉にCHU☆


・・・・あぁ私も旦那様と参加したかったなぁ^^;


この後、披露宴と続きます↓
2時間30分にわたる運河クルーズを堪能後、
ホテルピューリッツアーにもどり、ディナーパーティ。
(日本で言う披露宴に移ります。)

披露宴といっても、司会者がいるわけでもなく、
テーブル席においしいコース料理並び、
優雅なディナータイムですface02














実は私達は、新婦からスピーチを頼まれていました。

招待客は、日本人と外国人が半々ぐらいでしたが、
会話は、英語が9割を占めている感じでしたので、
私達が新婦の彼女を想う気持ちを、
あえて全て日本語でゆっくりと丁寧にスピーチしました。

彼女と出合った大学時代から、かれこれ12年。
既に他界している新婦のお母様にも、
私達3人は大変お世話になりました。

こうして結婚式にご招待頂き、
彼女の幸せそうな笑顔をみることができて、
幸せのお裾分けとともに、
オランダ旅行という一生の思い出まで頂きました。

「お幸せに」
「いつもありがとう」
「彼女をよろしくね」
という気持ちを込めて、
最後にキロロの「未来へ」を3人で歌いました。



私達の後にも、
新郎の友人達が英語でスピーチ。

聞き取れない所もありましたが、
言葉がわからなくても、
伝えたい事というのは、伝わるんだなとつくづく感じました。


ディナーの後は、
場所を移動して街のレストラン(bar)で貸切パーティ。

歌って踊って?笑って、飲んで、食べて、感動して泣いて、
新郎新婦とも距離が近くて、
いろいろ話も出来て、
海内で初めて参加した結婚式は、
一生に残る最高の1日となりましたicon12


同じカテゴリー(オランダ・ベルギー旅行)の記事画像
旅行最終日
旅行5日目午前 オランダ アムステルダム
旅行4日目 オランダ アムステルダム
旅行3日目夕方 オランダ アムステルダム
旅行3日目 ベルギー ブルージュ
旅行2日目午後 ベルギー ブルージュ
同じカテゴリー(オランダ・ベルギー旅行)の記事
 旅行最終日 (2009-03-10 23:04)
 旅行5日目午前 オランダ アムステルダム (2009-03-09 18:50)
 旅行4日目 オランダ アムステルダム (2008-12-30 15:16)
 旅行3日目夕方 オランダ アムステルダム (2008-12-30 11:54)
 旅行3日目 ベルギー ブルージュ (2008-12-30 11:24)
 旅行2日目午後 ベルギー ブルージュ (2008-12-06 14:47)

Posted by kitten at 00:02 │Comments(4)オランダ・ベルギー旅行
この記事へのコメント
kittenさんの顔がほころびっぱなしだったであろう感がすごく伝わってきます。
澄んだ青空の下でのクルージングはとっても気持ちよかったでしょうね♪
Posted by やぶ at 2009年03月10日 07:48
やぶさま

こんばんは☆書き込みありがとうございます。
ボートから見た澄んだあの青空は、一生の宝物です!!!
あの日は、本当に笑いっぱなしで、夜には顔がぐちゃぐちゃでした(^^;)
Posted by kitten at 2009年03月10日 22:37
キロロの「未来へ」っていい選択ですね~

自分達の結婚式でも、新婦のお色直しの退場曲に使用しました
サプライズとしてカミさんの兄弟に手を取って貰っての退場でしたが
「未来へ」の歌詞が心に染みる情景でした…

海外の挙式って参加してみたいです^^
Posted by タオルマン at 2009年03月13日 00:18
タオルマンさま

こんばんは♪コメントありがとうございます。

>「未来へ」の歌詞が心に染みる情景でした…
なんだかとってもわかる気がします(^^)
お色直しに向かわれる奥様を見送る会場の雰囲気が
目に浮かぶようです。

「未来へ」の歌詞は、本当にいいですよね~。
特に私達の年代(お歳は近いと勝手に思っているのですが)
には、いろんな思い出までも、詰まった一曲になっています。

結婚式前日の夜、滞在ホテルでのスピーチの打ち合わせでも、
既に三人とも泣きながら練習していました^^;

当日は、新婦の彼女と、彼女のお友達(海外にお嫁に行った数人)も、
感激してくれて、この曲にして良かったなぁと思っています。
Posted by kitten at 2009年03月14日 20:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。