2007年03月04日

冷え・冷え症の原因

今日から3回シリーズで、「冷え」「冷え症」について書いてみたいと思いますface02

私もどちらかというと、冷え症です。
今年の冬は、暖かくて本当に助かりました。
このまま、春になってくれるととても嬉しいですが・・・・・。

さて、冷えは、万病の元!!!と言われています。
冷えにより一番先にダメージを受けるのは、泌尿器系。
それから、腎臓疾患・子宮・腸・食欲不振・腹痛・気管支ぜんそく・
花粉症・高血圧・糖尿病などの生活習慣病・頭痛・めまい・肩こりなどまで冷えから起こります。

また、だるい・やる気がしない・眠れない・などの自律神経失調症・うつ病・がんなど、
冷えからきているとは思えない症状も起こりうるようですicon10

ということで、恐るべし、この 冷え について「食べもの通信」から一部抜粋して、
ご紹介していきます。


~冷えの原因は、毎日の暮らし方から~

では、まず、冷えの原因となるモノを挙げていきます。

◆食生活◆

過食
(食べ物を消化するために、胃に血液が集中するため、体全体への血流が減り、冷えやすくなります)
深夜の飲食
(上と同じように、食べてすぐ寝ることにより、消化のために胃に血液が集中し、
体を横たえたときのみになされる骨髄での造血機能が低下します)
低温の飲食物
(冷たい氷水を飲むと、体の臓器の温度は、1度下がり、体を冷やすと共に、全身の機能の低下を招きます)


◆呼吸◆

浅い呼吸
口呼吸
(鼻は、ウィルスやバリア機能もあり、空気を湿らせ温めてから肺に送ります。
口からの空気は、汚れている空気がダイレクトに入り、冷たい上に、
免疫に関与している扁桃を痛める可能性もあり、冷えの原因になります)


◆衣服◆

首筋の冷え
ウエスト・腰周辺の露出
就寝中の靴下(靴下を履いて寝ると、足裏の温度センサーを狂わせ、冷えを助長します)


◆その他◆

ストレス
パソコン労働



私も当てはまるものがいくつかあります。
気をつけていかないといけませんicon21

明日は、体を温める暮らし方をご紹介していこうと思っています。


※「食べもの通信」2月号より一部抜粋


同じカテゴリー(冷え・冷え症について)の記事
 体をあたためる食べ方 (2007-03-06 18:15)
 体を温める暮らし方 (2007-03-05 22:38)

Posted by kitten at 20:10 │Comments(4)冷え・冷え症について
この記事へのトラックバック
45分で10歳の若返りを実感!美容液エコレーヌが遂に発売!
エコレーヌ【エコレーヌ】at 2007年03月05日 09:29
この記事へのコメント
kittenさん、こんにちは^^
以前教えて頂いた「東屋」さん、行ってきました~!
同じく生牡蠣を購入して、牡蠣フライにして食べました^^
ジュ~シィ~でとても美味しかったです^^/

これから暖かくなってくると、ついつい
冷たいものを摂り過ぎてしまいますね(++)
注意しよ~っと(><)
Posted by ゆ~たん at 2007年03月05日 13:57
冷えは姿勢でも助長されると知ってびっくり☆自分で気をつけることはしたいですね。ヨガのおかげで深い呼吸ができるようになってきたと思います。花粉症が軽くなったのも気のせいじゃない?
Posted by 手作りぱん工房♪ at 2007年03月05日 15:17
ゆ~たんさま

こんにちは。書き込みありがとうございます。
「東屋」さん、行かれたのですねぇ。
よく出没しているので、こちらでもお会いしていたりして??

暖かい時期は、冷たいものをどうしても摂ってしまうので、
体の新陳代謝も良くないようです。
冬の時期に暖かい食べ物を多くとることにより、
実は体の中では、一年の修復をしているのだと聞きました。

東北の人のお肌の綺麗さは、
そういったところからもきているのかもしれません。

私も、夏に向けて気をつけていきたいところです。
Posted by kitten at 2007年03月05日 16:54
手作りぱん工房さま

こんにちは。書き込みありがとうございます。
正しい姿勢、本当に大切なんですね☆
普段自分なりにできることをするだけで、随分自分の体も変わってくる気がします。
花粉症も、少し軽くなられている??とは、
手作りぱん工房さまが普段行っている体に気をつけた生活の賜物だと思います。
嬉しい報告をありがとうございます^^
ヨーガで花粉症の軽減のお手伝いが少しでもできたのなら、
こんなに嬉しいことはありません(*^^*)
これからもよろしくお願いいたします。m(__)m
Posted by kitten at 2007年03月05日 17:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。