2009年08月15日

2009年 京都研修~1日目~

やっと夏らしいお天気になりましたicon01
久しぶりのブログ更新です・・・。

さて、今日はヨーガなお話。
先月の7月24・25・26日にかけて、
毎年、比叡山の麓にある西教寺さんで行われる
「ヨーガ禅夏季特別研修会」に参加して参りました。

今年で3年連続となりますicon22
2泊3日の研修期間中、
生活をすべてヨーガに集中でき、ヨーガ好きな仲間と過ごす時間は、
楽しく充実して、私をリセットさせてくれる時間です。
今年も、たっぷりじ~っくりヨーガの世界に浸り、勉強することができました。

自分の好きな事を続けられる恵まれた環境に
本当に感謝したいと思いますicon06



それでは、自分の備忘録として京都で過ごした日々を綴っていきます。





7月24日(第1日目)

13:00~14:00 総会

14:30~15:00 開会式

15:15~17:15 行法実習

行法実習は、6つの会場で行われます。
参加当日に、行法実習プログラムが配られ、
会場となる実習場所と担当講師とプログラム内容を見て、
今の自分が行きたい会場を選ぶことが出来ます。

私は、山口康子先生の会場へ向かいました。

◆内容◆
簡易体操 1・2・3・4
手の体操 2・3
足の基本体操 1・2・3・4・5
ナタラージャ・アーサナ(壮美な体位)
ジャーヌ・シルシア・アーサナ(脚に顔をつける体位)
ウシュトラ・アーサナ(らくだの体位)
カパーラ・バーティ(浄化呼吸法)
クンバカ呼吸法


佐保田鶴治先生の著書『ヨーガ入門』に沿ったアーサナ・呼吸法を、
丁寧にわかりやすく教えて頂きました。

シャバアーサナの時間では、
佐保田先生が本の中で頻繁に使用されている「休みます」という言葉を使って、
動きをとめて、最初の姿勢に立ち返った時に、
今身体を動かしていたことによって、身体の中に現れてきた変化と、
あるがままの今の自分を受け入れる時間として下さい。
と説明して下さいました。



また、バランスの体位を苦手としている私なので、
今回の研修では、プログラムにバランスの体位が組み込まれているものを、
チョイスすることにしました。
山口先生のプログラムでは、ナタラージャ・アーサナがバランスの体位になります。


※壮美の体位(バランスの体位)について。
ナタは「踊り手」、ラージャは「王」の意味で、
ナタラージャは、神話にちなんだ踊る「シバ神」の壮美の壮美な姿を表しています。
シバ神は、インド三大神の一つで、ナタラージャはシバ神の別名です。


バランスの体位は、
目の前にあるどこか一点に意識を集中すると行い易いといわれておりますが、
視線を動かしていく壮美の体位では、
目の前にある外の世界ではなく、
身体の内の世界へ、
どこか身体の一点に意識を集中していく方法を教えて頂きました。

その身体の一点として挙げられたのが、
足裏の親指下、土踏まずの上の少しくぼんだ部分。
先生の言葉通りに、意識を集中して行いました。

この方法で行うと、自分でもびっくりするほど安定して、
この日は、珍しく最後までバランスをとることが出来ました。

自宅で行う際には、まだまだふらついてしまうこが多々ありますが、
この意識の集中の仕方を取り入れて、
修習していきたいと思いますface02


17:30~ 夕食

18:30~20:45 サットサンガ

22:00 消灯
 




同じカテゴリー(京都研修)の記事画像
京都研修 寄り道
2009年 京都研修~2日目午後~
ヨーガ研修三日目 
ヨーガ研修二日目 午後編
ヨーガ研修二日目 午前編
ヨーガ研修一日目
同じカテゴリー(京都研修)の記事
 2011 ヨーガ禅夏季研修会に参加して・・・ (2011-10-16 17:19)
 ヨーガ禅夏季特別研修会2010  特別講演 (2010-12-30 16:59)
 ヨーガ禅夏季特別研修会2010 行法実習 (2010-12-30 10:49)
 京都研修 寄り道 (2010-11-02 09:17)
 ヨーガ禅夏季特別研修会2010 理論研修 その2 (2010-11-01 18:43)
 ヨーガ禅夏季特別研修会2010 理論研修 その1 (2010-10-31 19:36)

Posted by kitten at 12:10 │Comments(0)京都研修
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。