2009年08月27日

2009年 京都研修~最終日3日目~

※先月、比叡山麓のお寺さんで行われた「ヨーガな日々」の備忘録です。


7月26日(最終日)

6:00~ 起床

6:30~ 朝の勤行

7:00~8:00 行法実習④

八田捷也先生のバンダ・ムドラーの会場に向かいました。


◆内容◆
スーリアナマスカーラ・アーサナ(太陽礼拝)
カパーラ・バーティ呼吸法
ウジャーイ呼吸法
橋の体位
ヴィパリータ・カラニー



八田先生の太陽礼拝は、
手先から足先まで身体全体がものすごく活性化しているのがわかります。

太陽礼拝は、一呼吸一動作が基本ですが、
より体操を深める方法として、
吸った息と吐いた息の後に、
少しとどまる事を教えて頂きました。

息を止めて身体を感じることは、
バンダ・ムドラーに通じてくることであり、

この息を止めた状態は、
身体がぐ~んと充実していく時間です。

それを感じること(クンバカの状態)を
すこしずつ長くしていかれるとよいでしょう。
と教えて頂きました。

軽く汗ばみ、なんともよい心地よい疲れ具合の後には、
たっぷりとシャヴァ・アーサナの時間が待っています。

身体を動かす時間より、
緩める時間(シャバ・アーサナ)を大事にするのが、
このヨーガの特徴であり、健康感が深まっていく所以です。

身体が調和するために、
自分の身体を見つめながら、
緊張と弛緩をうまく使い分けます。

佐保田鶴治先生は、緊張ではなく「伸張」ともおっしゃられたようです。
伸びていく中に、適切な緊張も入ることから、
今は、わかりやすく緊張という言葉を使う機会が多いようです。

こちらのヨーガでは、
ほとんどの先生が佐保田鶴治先生から直接指導を受けてらした先生ばかりなので、

行法実習の際に、
佐保田先生の貴重なお話を聞くことも出来たりと、
とても嬉しく、本当に有難い行法実習です。


8:15~ 朝食・片付け

9:30~11:30 地域ごとにグループディスカッション その後発表


北海道から鹿児島まで全国各地から参加した定員一杯の250人が、
地域ごとに集まって、グループディスカッションの時間です。
私は、もちろん東北方面ブロック(北海道・宮城・福島・栃木・群馬・埼玉)に参加致しました。

「ヨーガをやるとツイテクル」という実体験に基づいたお話から、
「ヨーガを貪欲に勉強するために、離欲しましょう」という理論に沿ったお話まで、
内容は多岐にわたりましたface02

普段、佐保田先生直伝のヨーガを東北で習うことは難しい環境ですので、
このような機会に、皆様のヨーガ体験談を、
目と表情を見ながら、声で実際に聞くことができる時間というのは、
大変貴重でお勉強になりましたicon06



11:30 閉会式

12:00 解散




同じカテゴリー(京都研修)の記事画像
京都研修 寄り道
2009年 京都研修~2日目午後~
2009年 京都研修~1日目~
ヨーガ研修三日目 
ヨーガ研修二日目 午後編
ヨーガ研修二日目 午前編
同じカテゴリー(京都研修)の記事
 2011 ヨーガ禅夏季研修会に参加して・・・ (2011-10-16 17:19)
 ヨーガ禅夏季特別研修会2010  特別講演 (2010-12-30 16:59)
 ヨーガ禅夏季特別研修会2010 行法実習 (2010-12-30 10:49)
 京都研修 寄り道 (2010-11-02 09:17)
 ヨーガ禅夏季特別研修会2010 理論研修 その2 (2010-11-01 18:43)
 ヨーガ禅夏季特別研修会2010 理論研修 その1 (2010-10-31 19:36)

Posted by kitten at 10:18 │Comments(0)京都研修
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。