2010年02月13日

手作り♪バレンタイン♪

明日は、バレンタインデー♪ですね。

昨日の手作りぱん教室「こなや」さんでは、
バレンタインデーに合わせたぱんをお勉強してきました。

チョコクランベリーブレッドとマクロビスィーツ「くるみのブラウニー」











手前味噌ですが、我ながら美味しく仕上がりましたicon06

下の写真は、試食に頂いた先生お手製のチョコクランベリーブレッド。
断面が紅麹パウダーでほんのりピンクになっていて、
クランベリーのピンクとチョコチップが見た目にもかわいい、甘さ控えめの美味しいブレッドです。
右奥に見えるのが、全粒粉で作ったタルトを使ったお豆腐のキッシュ。
(これがまた美味しかったデス)












今回のぱんは、こねる作業より、成型の作業が難しかったです。
でも、とっても楽しい時間でした。

手作りぱん工房さんのぱんは、
ぱん生地の味が優しいながらも、かみしめるほどに美味しさが伝わってきます。


今回も、この手作りのお土産ぱんのお陰でkitten家に幸せな時間が流れました。
ありがとうございましたface01




さて、今更ではありますが昨年のお教室の様子を、
おさぼりして一度もブログ記事に挙げていなかった事に気がつきましたので、
ピックアップしてまとめてみました。


クロワッサンのような成型にしたお米のぱんと米粉のチョコフルーツマフィン












米粉を使ったぱんやマクロビスィーツ。
米粉の特徴を詳しく教えていただきました。


米粉のフィアンティーヌと焼きカレーパン


 












フィアンティーヌとは、薄い焼き菓子という意味だそうで、カッコイイ名前に美味しい気分もUPicon14
揚げないカレーパン、これは自分の中で大ヒットでした。
カレーパンは美味しくて大好きですが、アノ油がどうしても気になっていました。
油で揚げることなく、ヘルシーにこんなに美味しいカレーパンが出来るとは驚きでした。



ライ麦ぱんのタルティーヌとライ麦ぱん

 


憧れのライ麦ぱんでした。

ライ麦ぱんといえば・・・
少し前に読んだ「世界一の美女になるダイエット」という本。
著者は、ミスユニバースジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャル氏。
知花くららさんや、森理世さんらファイナリストたちへ栄養指導を行っている方です。
美と健康をコンセプトに「内面からより美しく、健やかに輝く」食とライフスタイルを提案されていて、
その本の中に、こんな言葉があります。

「世界の美女はもう、白いものを食べるのをやめています。」

ご飯なら、白米ではなく未精白穀類の玄米。
パンなら、白いパンではなく、ライ麦や全粒粉入りぱんを勧めているのを読みました。

自分でぱんを作る際には、なるべく白くなりすぎないように、玄米粥を混ぜてみたり、
全粒粉などを入れるようにしています。
しかしながらライ麦粉は、上手に使えていなかったので、嬉しく有難かったですface02

ライ麦は、独特の香りがありますが、
食べやすいようにさまざまな工夫をされていたので、
美味しいライ麦の風味だけを味わえるパンでした。

毎回、研究熱心な先生に、身体に優しいぱんを教えていただいております。


同じカテゴリー(手作りぱん教室)の記事画像
HAPPY HALLOWEEN!
ぱん教室☆体に優しいワッフル編
ハートのぱん教室
ぱん教室の復習
ぱん教室☆ホワイトクリスマスパン
今月のぱん教室
同じカテゴリー(手作りぱん教室)の記事
 HAPPY HALLOWEEN! (2008-10-31 13:43)
 ぱん教室☆体に優しいワッフル編 (2008-05-14 18:58)
 ハートのぱん教室 (2008-02-26 11:13)
 ぱん教室の復習 (2007-12-20 15:52)
 ぱん教室☆ホワイトクリスマスパン (2007-12-17 18:49)
 今月のぱん教室 (2007-05-31 15:34)

Posted by kitten at 20:21 │Comments(0)手作りぱん教室
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。