2011年04月24日

原発に代わるエネルギーを!!郡山講演決定

放射線管理区域の基準は、
外部放射線による実効線量が、3ヶ月間につき1.3mSV(1300μSV)を超えるおそれのある区域となっています。

これを毎時間当たりに計算すると、1300÷90日÷24時間で0.6マイクロシーベルト。
つまり、一般人が立ち入り制限になる放射線管理区域の基準は、毎時0.6マイクロシーベルト・・・でした。
(あくまで単純計算ですが)

これ以上の値になると、放射能のハザードシンボルを表示することになっていると聞きました。

しかしながら、文部科学省が「安全上問題がない」とした基準は、
いつの間にか、毎時3.8マイクロシーベルト。

そして、子供の年間被曝限度量が20ミリシーベルトに引き上げられる。

放射線管理区域よりも数倍高い値の福島県内の保育園、小学校、中学校、高校、公園。
・・・・何かがおかしい気がします。


最近は、内部被曝に関しての本を読んで勉強しています。


そんな中、知り合いから以下の講演会が郡山市で急遽決まったと連絡があり、
こちらにてお知らせします。

田中氏は脱原発やリサイクルの運動をされていらっしゃいます。

色んな角度から、様々な意見を聞き、
自分自身で今何をすべきか、考えたいと思います。



『いまこそ、日本再生』
~希望の未来を切り開こう~

講演:田中優 氏(未来バンク事業組合理事長、「ap bank」監事)
   1957年東京生まれ。現在、立教大学大学院、和光大学大学院、大東文化大学非常勤講師。
   
日時:4月27日(水) 19時~21時

場所:郡山ビューホテルアネックス 3F

参加費:無料(カンパをお願いします)


※駐車場:ホテル契約駐車場の駐車券が一時間分でます。
※託児はありませんので、お子さん連れの方は各自の責任でお願いします。


【内容】
映像を通して、放射能の危険性についてわかりやすくお話をします。
また、未来への素敵なライフスタイルや自然エネルギーを提案し、希望をお伝えします。



最後に幸せのクスリというブログにて、大変興味のある内容がたくさんありました。
中でも、福島県の子どもたちで放射線の「人体実験」!?という記事。
お時間ある方は、ぜひ読んでみてください。


本当に本当に考えさせられる毎日です。


同じカテゴリー(福島原発)の記事画像
クイクセルバッジ(被曝量測定装置)
昨日一日の累積放射線量
ガイガーカウンター
同じカテゴリー(福島原発)の記事
 品格ある東京新聞 (2011-08-08 10:42)
 たけしのテレビタックル。 (2011-06-07 14:04)
 16都県 放射線量測定位置 (2011-06-04 13:43)
 日本の技術は信じられる (2011-05-29 12:16)
 2μSvは、内部被曝20μSvです。by参議院行政監視委員会 (2011-05-23 20:15)
 最近の放射線量は・・・ (2011-05-22 15:26)

Posted by kitten at 22:38 │Comments(0)福島原発
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。