2011年06月04日

16都県 放射線量測定位置

以前に関東圏での放射線測定位置が地上20メートルという記事を書きましたが、
近県の正確な測定位置が少し前の新聞に載っていましたので、
改めて書いておきたいと思います。

16都道 放射線測定位置
地表面からの高さ
青森県(青森市)    1.8m
岩手県(盛岡市)   14.7m
宮城県(仙台市)   80.3m
秋田県(秋田市)   23.0m
山形県(山形市)   20.0m
福島県(福島市)    1.0m
茨城県(水戸市)  約 3.5m
栃木県(宇都宮市)  20.0m
群馬県(前橋市)   21.8m
埼玉県(さいたま市)約18.0m
千葉県(市原市)  約 7.0m
東京都(新宿区)   19.8m
神奈川県(茅ヶ崎市)  4.9m
新潟県(新潟市)   10.0m
山梨県(甲府市)  約17.0m
長野県(長野市)  約10.0m

2011年5月29日付 福島民報より

驚くほど、測定位置にばらつきがあります。
とくに宮城県の80m!!!

そして、震災後二ヵ月以上このばらばらな測定位置で、
「本日の全国の放射線量は・・・・」とテレビや新聞で報道されてきました。
本当にあきれてしまい、なんといってよいのか言葉を失います。



さて、最近気になった講演会について。
5月28日「あなたは大切な人を放射能から守れるか?」 
東京:豊島公会堂にて行われました。

私は都合が悪く参加できなかったのですが、
首都圏に住む実家の家族3人が参加してきました。

その時のお話です。

◆阿部一理氏(日本を放射線被曝から守る会会長)
このブログでも再三取り上げていますが、
長崎原爆で、自ら被曝しながらも被爆者の治療に献身した医師秋月辰一郎氏。
阿部一理氏は、生前の秋月先生と会い、直接お話を伺い、玄米食の凄まじい効果に感銘を受け、
活動をされていらっしゃる方です。

放射性物質を身体から出す方法は、
「玄米・塩・味噌・海藻・発酵食品」

私も、もう10年以上実践している玄米自然食。
我が家の食卓は、
・玄米ごはん(黒豆・青豆・黒米・雑穀など日替わりで入れます)
・大根・人参・きゅうりなどの漬物(三五八漬け)を少量
・梅干ひとつ
・具沢山なお味噌汁

安全な食材を厳選していると食費がもちませんので、
とにかく3.11の震災以来は質素な質素な粗食を心がけています。

今は、血を汚す動物性食品(特に牛乳などの乳製品)、白砂糖、
酸化した食べ物(油で調理するもの、したもの)は極力避けるようにしています。


永伊智一氏(映画監督)のお話。
ジャーナリストとして独自の観点を失わないタブーなテーマに挑戦され、
テレビの報道番組を数多く制作されている方です。

放射能の被害は、白血病、癌だけではありません。

内部被曝による症状。

・頭痛
・下痢
・蕁麻疹
・かゆみ
・チクチク
・のどの痛み
・関節の痛み
・目の周辺の痛み
・ホクロが増える
・鼻血

これらの症状は、「チェルノブイリのかけはし」代表の野呂美加さんブログをはじめ、
複数、目にした記憶があります。

放射能が身体に与える影響は、
免疫力の低下です。

今、郡山では幼稚園や小学校でインフルエンザが流行っていると聞きます。
とってもとっても心配な事です。

癌や白血病という病名ではない上記の症状に関して原発と因果関係が認められる事は、
大変難しいと思います。
自分の身は自分で守るしかありません。



最後に、もう一つ。
2日前の6月2日に郡山で行われた田中優氏の講演会。
またまた行ってきました。2回目です。
インターネットの動画配信をあわせたら、もう何回見たかわかりません(^^)

田中優氏がおっしゃっていた事。

「今はなにより楽しく過ごすことが一番!!!」

何度聞いても、日本の未来が明るく感じ、元気になれる講演会です。


情報は待っているだけ、与えられるモノだけでは限られています。
できる限り、自分から様々な情報を求めて行動し、考え、
その中で自分で取捨選択をしていきたいと思います。

心配しすぎたり、心が動揺したり、ストレスをためすぎたりしないように、
今日も呼吸をゆったりと、そしてヨーガで心身の調和をはかりながら、
与えられた大切な一日を過ごしたいと思います。


◆講演会のお知らせ◆
「いまこどもたちを守るために知っておきたい放射能のこと」

NPO法人「チェルノブイリのかけはし」代表野呂美加さんのお話会。

【原発事故のあと、300km圏内で何に注意すべきか、
前例から学び、こども達を守りましょう】

福島市 6月11日(土)13:30~16:00 福島テルサ
会津若松市 6月11日(土) 19:00~21:00 若松栄町教会
山形県米沢市 6月12日(日) 9:30~12:00 米沢市南部コミュニティセンター
郡山市 6月12日(日) 15:00~17:30 ハーモニーステーション郡山

参加費:各会場ともに500円
詳しくは、こちら


同じカテゴリー(福島原発)の記事画像
クイクセルバッジ(被曝量測定装置)
昨日一日の累積放射線量
ガイガーカウンター
同じカテゴリー(福島原発)の記事
 品格ある東京新聞 (2011-08-08 10:42)
 たけしのテレビタックル。 (2011-06-07 14:04)
 日本の技術は信じられる (2011-05-29 12:16)
 2μSvは、内部被曝20μSvです。by参議院行政監視委員会 (2011-05-23 20:15)
 最近の放射線量は・・・ (2011-05-22 15:26)
 NHK「放射能汚染地図」 再放送決定! (2011-05-18 15:26)

Posted by kitten at 13:43 │Comments(4)福島原発
この記事へのコメント
こんにちはさいたまから33です。
ツイッターのフォローもさせていただきます^^
よろしくお願いいたします。

それにしても宮城80メートルには腰が抜けました。
宇宙からの放射線量でも測るのでしょうか?

宮城は地震や津波の復興に力が向いているので
原発問題にあまり触れたくないようです。
私の友人からも、そんな空気を感じました。

いつもありがとうございます。
楽しく過ごすこと、心がけます。
Posted by 33 at 2011年06月04日 15:13
33さま

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
twitter、すぐにわかりました。(^^)
私もフォローさせて頂いてます♪

私も宮城県の原発問題の取り組みにちょっと不安があります。
原発どころではないのも理解できますし、困った問題です。

国会での茶番劇に頭とお金を使う時間があるならば、
もっともっと被災地に人力も知恵も向けてもらいたいと思います。
人の命が懸かっているのですから・・・・

私も最大限に防御して、今をできるだけ楽しく生きます。
Posted by kitten at 2011年06月04日 21:59
はじめまして。

seshenです。

わたしは仙台市在住の主婦です。

今、はじめてブログを拝見しました。

それで、ご連絡させていただいたのは、

私は5月28日の講演会に行ってきました。

とても良かったので、
7月31日に仙台にて、
阿部一理さんと永伊智一さんのコラボ講演を企画いたしました。

今もまた日々事態は変わっています。

永伊さんから、最新の情報と、
阿部さんから、その上でできることを

聴く事が緊急に必要だと感じたので主催させていただきました。

kittenさんも、ぜひ、聴きにいらしゃいませんか。


未来へのバトンをつなぐため~
       《大切な人を放射能から守るには?》
                     ~今、私たちにできることは何だろう?

★日時★ 7月31日 12時スタート(11時半ドアオープン)

★場所★ 仙台市旭ヶ丘青年文化センター エッグホール

★チケット★ 前売り3000円  当日3500円

【お申込・お問合せ】
natura5@ezweb.ne.jp / しょうじ

でした。
Posted by seshen at 2011年07月10日 17:05
seshenさま

こんにちは。
コメントをありがとうございます♪
お返事遅くなりまして申し訳ございません。

有益な情報、本当にありがとうございます。
阿部一理さんと永伊智一さんのコラボ講演は、大変興味があります。
残念ながら、その日は予定があり、参加できませんが、
早速、周りの知り合いにオススメします。

実家の家族も5月28日の講演会が良かったと絶賛してました。
大変大変お話が上手で、
無料講演会では手に入らない情報が盛りだくさんと聞いております。

あの講演会後も、永伊智一さんの講演会に通っています。


東北で開催されること、嬉しく思います。

ツイッターでもフォローありがとうございます。
私もフォローさせて頂きますので、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by kitten at 2011年07月12日 12:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。