2013年10月26日

出雲の国3

2日目は、朝から出雲ドームへ向かいました。

  

このドーム、完成時には、世界最大の木造ドームだったそうです。
樹齢500年以上の米松の集成材を使った、アーチ構造。

500年前のコロンブスの大陸発見から歳を重ねてきた米松と比べると、
私が今を生きる数十年は、なんと短く、はかない時間だろうと、
考えさせられました。


「島根ワイナリー」でお土産を物色後、
レンタカーを走らせ、標高200mの一畑山上にあります「一畑薬師」へ。

 
正式名称は、「一畑寺」(臨済宗妙心寺派)

目のお薬師様として、古くから信仰されているお寺さんです。

ふらふらと吸い寄せら得るように、訪れたのですが、
雰囲気が厳かで、澄んだ空気に囲まれたお寺さんでした。



お寺の参道からの眺めも、標高が高いために、宍道湖を全体を見渡す事ができ絶景でした。
やっぱり、お寺神社巡りは、心が充実して豊かになるような気がします。


最後は、松江市内まで戻り「松江城」

夕方となり、ライトアップで浮かびあがった天守閣です。
松江城、その広さには驚きでした。


その後は、米子鬼太郎空港へ向かい、
10月19日 20:45米子発 → 22:05羽田着

無事帰宅の途につきました。

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が「出雲は、わけても神々の国」と記した、
美しい日沈む国・出雲。



本当に美しい国でした。
ご縁に心から感謝。
このご縁が、ずっとずっと良きご縁と繋がり、
末永く広がっていかれますように・・・・☆


同じカテゴリー(出雲大社)の記事画像
出雲の国2 「出雲大社」
出雲の国1
同じカテゴリー(出雲大社)の記事
 出雲の国2 「出雲大社」 (2013-10-25 05:58)
 出雲の国1 (2013-10-24 16:47)

Posted by kitten at 06:03 │Comments(0)出雲大社
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。