2014年10月04日

ナマステ

こんにちは。
大変ご無沙汰致しました。

読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、趣味の秋・・・・
爽やかな季節が巡ってまいりました。

忙しくも心穏やかな毎日に感謝の日々です。

さて、今日は、簡単サンスクリット語(インド哲学)講座!?

インドに行かれたり、ヨーガのお勉強をしたり、インド哲学を学んだりする際に、
「ナマステ」という言葉に触れる機会が多いと思います。

この言葉は、様々な意味が込められており、
「ありがとう」という感謝の気持ちだったり、
「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」という挨拶として使う事も出来ます。

この言葉を直訳していくと、
namasu(ナマス)→「祈る」
te(テ)→「あなた」
つまり、「あなたに対して、敬意を表します」「あなたを敬愛致します」
となります。

ヨーガ(インド哲学)では、
全ての人間の身体の一番奥底には、素晴らしい真我プルシャ(神様)がいらっしゃると考えられています。
その真我プルシャ(神様)に向かって、
胸の前で両手を合掌し、唱える神聖な言葉です。

ヨーガのレッスンを始める前と後に、
姿勢を調え、両手を合掌し、「ナマステ」とお唱えしますが、
その意味は、

「それぞれが持っている真我プルシャ(神様)。
素晴らしい神様が、全ての人間の身体の中にいらっしゃいます。
今日お会いできました事に感謝、
ヨーガを一緒に学ぶ環境に感謝、
あなたの真我プルシャに対して、敬愛致します」

と心の中で祈っております。

前回の記事でも触れましたが、
ヨーガは単に身体を動かし健康維持のためだけでなく、
インド哲学(ヴェーダーンダ哲学やサーンキヤ哲学など)を勉強していくと、
幸せに生きるための哲学であり科学であると感じています。

今日も皆様にいっぱいの幸せが訪れますように・・・・
ナマステ♪




同じカテゴリー(ヨーガ(ヨガ))の記事画像
明日は、国際ヨーガ(ヨガ)の日
『Yogini』88歳にして現役ヨーガ教師
ヨーガ体操のねらい
ヨーガ定例研修会in京都
行住坐臥
ヨーガ(ヨガ)の流派
同じカテゴリー(ヨーガ(ヨガ))の記事
 明日の新月●に向けて・・・断食と月の礼拝ヨーガ (2016-09-30 19:03)
 明日は、国際ヨーガ(ヨガ)の日 (2015-06-20 14:45)
 鼻の浄化法(ジャラ・ネーティ) (2015-05-04 23:16)
 太陽礼拝(スーリヤ・ナマスカーラ) ヨーガ・アーサナ (2015-05-01 10:46)
 『Yogini』88歳にして現役ヨーガ教師 (2014-12-06 11:43)
 ヨーガチャリティ-講演会に参加して (2014-06-17 13:03)

Posted by kitten at 12:05 │Comments(2)ヨーガ(ヨガ)
この記事へのコメント
こんばんわ!
質問なのですが、男性でも受講可能でしょうか?

また、ヨガとピラティスの違いがよくわかりません。
勝手なイメージなのですが、ヨガのほうが宗教的なイメージがあるのですが、勧誘とかはないでしょうか?
Posted by takaaki at 2014年10月06日 01:46
takaaki 様

おはようございます。
コメントの書き込み、ありがとうございます。

男性でも受講可能なお教室もございます。
現在、30代~70代までの男性も通って下さっておりますのが、
村野鍼灸院で行っているお教室です。
詳しくは、以下のHPよりお問合せ頂ければ幸いです。
http://koriyamayoga.kuchinawa.com/

ピラティスに関しては、深くわかりませんが、
リハビリとして体系化された体幹を鍛えるトレーニングと理解しています。

ヨーガは、心と身体を調えていく方法です。
身体を調える体操だけでなく、呼吸法や瞑想法を深めるためにも、
インドの思想・哲学を平行して勉強していく形になります。
その際に、おのずと宗教観に関しても、
理解を深めていくことになると考えられますので、
宗教的なイメージを持たれるのかと思います。

勧誘などは、全くございません。
市内の公民館サークルや、民間の治療院、スタジオなどの場所を
お借りしまして、細々と続けております。

ご縁がございましたら、どうぞお気軽にお問合せ下さい。
ご質問をありがとうございました。
Posted by kittenkitten at 2014年10月06日 10:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。