2018年03月18日

伊勢神宮別宮『月読宮』『月夜見宮』『倭姫宮』

(2017年9月にお伊勢参りに訪れた時の備忘録です。)

お伊勢さんの別宮について、
以下、神宮司庁の神域案内図より引用します。

伊勢神宮の正式名称は「神宮」といい、
宇治の五十鈴川の川上にある皇大神宮(内宮)と、
山田原にある豊受大神宮(外宮)の両大神宮を中心として、
14の別宮、43所の摂社、24所の末社、42所の所管社があります。
「神宮」はこれら125の宮社の総称でもあります。

今回は、3つの別宮を御参りしてきました。

『別宮・月読宮(つきよみのみや)』には、内宮の別宮が4宮ご鎮座しています。



天気よく、気候よく、誰もいないこの参道の気持ちよさ、清々しさは、忘れられません。


①月読宮 天照大神の弟神・月読尊(つきよみのみこと)をおまつりしています。
月の満ち欠けを教え、暦を司る神様です。
②月読荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)
③伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)
④伊佐奈弥宮(いざなみのみや)


この、『月読宮』、純粋に好きだなぁと感じました。



『別宮・月夜見宮(つきよみのみや)』
月夜見尊(ゆきよみのみこと)と、
月夜見尊の荒魂(あらみたま)をおまつりする外宮の別宮です。


宿泊したホテルから歩いていける距離でしたので、早朝6時の御参り。
朝一番に御参り出来る幸せ、有難いです。




『別宮・倭姫宮(やまとひめのみや)』

内宮の別宮で、天照大神の御杖代(みつえしろ)となって、
皇大神宮ご創建にご功績のあった倭姫宮をおまつりしています。
お祭りをはじめ、摂社・末社・御料など神宮の基礎を定められました。


こちらの参道も、空気がキラキラ輝いていました。


そして、黄金の小鳥が、優しくお迎えしてくれました。


伊勢神宮観光へつづく





同じカテゴリー(伊勢神宮)の記事画像
伊勢神宮観光『猿田彦神社』『神宮農業会館』『神宮徴古館』
伊勢神宮『外宮』『内宮』
同じカテゴリー(伊勢神宮)の記事
 伊勢神宮観光『猿田彦神社』『神宮農業会館』『神宮徴古館』 (2018-03-19 13:01)
 伊勢神宮『外宮』『内宮』 (2018-03-17 13:42)

Posted by kitten at 15:58 │Comments(0)伊勢神宮
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。