2008年02月08日

健康日本21

先日、友人に教えて頂いたホテルハマツで行われた医学博士 中原英臣氏のセミナーに行ってきました。

お題は、「健康と医療」


結論は、一言。
健康は自分で守ること。


前に「健康情報番組に惑わされないために・・・」と題して記事でも書いたことがありましたが、
中原先生も、「健康になるには、健康情報番組を見ないこと!!」といっておられましたface03


さて、その講演会でもお話にでた、
2000年に厚生労働省により始められた第三次国民健康づくり運動「健康日本21」について。

その中で、「栄養・食生活」分野では「野菜の摂取量の増加」を目標に掲げています。
一日必要なお野菜は、350g以上。

今の日本人の野菜平均摂取量の現状は、(成人女性の場合)

20-29歳 220g
30-39歳 215g
40-49歳 230g
50-59歳 275g
60-69歳 295g
70-79歳 260g
以前書きましたが、

講演会では、日本人の野菜平均摂取量は、1日1人当たり約280gとおっしゃっていました。



ところで、がんや心疾患系の病気が非常に多かったアメリカのお話ですが、
30年前の1979年に「ヘルシーピープル」を提案しています。
その中で「5 a day」という言葉通り、1日5皿(1皿70gとして)以上の野菜や果物を摂取することで、
最終的に、1日350gを野菜摂取量の目標値にしました。

ただ「1日350gの野菜を摂取しましょう」というのではなく、
具体的にわかりやすい指針があるのは、さすがアメリカアメリカ

※アメリカの1日野菜摂取量350gは、30年前の当時、
がんや心疾患が少なかった日本人の食生活をモデルにしたとのことです。

今では、「がん(大腸がん)」「循環器病」などの予防には、
野菜に含まれる抗酸化物質の有用性は、知られてきていますが・・・
本当に、昔の日本食って素晴らしいicon12

アメリカでは実際に、食生活が少しずつ見直されて、
ガンの死亡率も、食事と深くかかわる大腸ガンや乳ガン、前立腺ガンなども減り、
心筋梗塞も3分の1まで減少しているといいます。



講演会では、平均的な日本人が不足している60~70gの野菜を補う方法として、

アメリカに習って、1日の食卓の中で、お野菜の料理をあと一皿追加しましょう。
スーパーに行ったら、お肉やおやつを買う前に、あと一皿分のお野菜を買うように!

とわかりやすい目安を教えて頂きました。



さて、日本でこの「健康日本21」運動は、どのくらい広がっているのでしょうか?
・・・私も言葉だけで具体的なことは何も知りませんでしたface07

2000年にこの運動を掲げて、2010年まで展開されるようですが、
中間報告では、野菜の摂取量も減少して、年々不健康になっているデータも多々あるとか。

大切な国のお金を使ってのプロジェクト、もっと効果が現れますように・・・face02

同じカテゴリー(健康自然食)の記事画像
夏にむけての献立
雑穀の魅力にはまる・・・の巻
薬膳カレー
秋には、穀類・糖質を!
食べもの通信・輸入食品
食後の果物は厳禁!?
同じカテゴリー(健康自然食)の記事
 身体を綺麗にする油の採り方 (2014-01-11 11:02)
 たべすぎない2 (2010-06-13 17:30)
 たべすぎない1 (2010-05-02 08:52)
 酵素とは? (2010-04-03 08:48)
 秋にむけて☆お勧めの献立 (2009-09-06 16:54)
 夏にむけての献立 (2009-06-29 22:02)

Posted by kitten at 12:36 │Comments(0)健康自然食
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。