2006年08月02日

マクロビオティックとは

今日はロハスな生活に欠かせない、体を健康にする料理法として、
挙げられることの多いマクロビオティック料理について。

そもそもマクロビオティックとは、ギリシャ語を語源とする
マクロ    「大きな」
ビオティック「生命術」「長寿」
をあわせた言葉で
「大きな視点で生命を見つめ、自然と調和しながら生活し、心身ともに健康になる」
という考え方です。

海外で注目され、日本で話題になっているこのマクロビオティック。

実は、創始者は日本人の食養家 桜沢如一(1893~1966年)氏です。
桜沢先生は、結核をわずらっていた頃に出会った、食養の開祖、石塚左玄(1850~1909年)先生が提唱する穀物菜食によって救われ、その後、石塚左玄先生の理論に東洋の陰陽五行説を基本にしてたどり着いたのが「マクロビオティック」といわれています。

その後、久司道夫(1926~)氏が広めた「クシマクロビオティック」が、アメリカで爆発的に普及し、逆輸入という形で日本に広がっています。

どちらの方法も、マクロビオティックの食事とは、

未精白の穀物や玄米を主食に
旬の野菜をみそ・しょうゆなどシンプルな調味料で味付けた物を丸ごと頂き
また肉や魚・乳製品はできるだけ、控える

のが原則の料理法になります。

これを実践していると、
食材・調味料もスマートになり、体系もスマートになり、
食費もスマートになります。(^^)

同じカテゴリー(マクロビオティック)の記事画像
マクロビ的 お出汁の取り方2
マクロビ的 お出汁の取り方1
同じカテゴリー(マクロビオティック)の記事
 マクロビオティック料理に一言!? (2006-11-27 23:00)
 陰陽の乱れ 意外と繊細なお野菜達・・・ (2006-11-24 14:01)
 調理法の陰性と陽性 (2006-11-23 14:05)
 マクロビ的 お出汁の取り方2 (2006-09-28 15:40)
 マクロビ的 お出汁の取り方1 (2006-09-27 16:39)
 陰陽五行説  (2006-08-06 02:56)

Posted by kitten at 01:04 │Comments(2)マクロビオティック
この記事へのトラックバック


居酒屋の「和民」は有機野菜を使ってるというので、
行ってきました。

メニューに燦然と輝く有機JASマーク。

ウソでなければいいのですが、
以前、白木屋系の「魚民」は、...
有機JASマーク【マクロビオティック 子どもに優しい本当の食事ブログ】at 2006年08月05日 22:01
この記事へのコメント
マクロビオテックに興味ある方が郡山にいるなんて!私は母乳育児で少しずつ実践するようになりました。郡山でも教えてくれるとこあるといいのに。たまにマクロビ的お料理教室に行って充実してましたが、最近はやってないので残念なんです。何か情報あったら教えて下さいね(*^-^)b
Posted by だみゅ〜 at 2006年08月02日 22:31
だみゅ~さんへ
こんばんは☆書き込みありがとうございます。
わたしも、マクロビの話ができて、うれしいです♪
郡山は、意識の高い方が多いと感じております。でも、マクロビのレストランがないのが残念です・・・・。このブログは、食育に関しても書いていくつもりなので、また機会があったら、遊びに来てください!!こちらこそ、どんな意見でも書き込み、待ってますので(^^)宜しくお願いします。
Posted by kitten at 2006年08月02日 23:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。