2006年11月23日

調理法の陰性と陽性

マクロビオティック料理の大きな考え方のひとつである、
陰陽五行説についての続きです。 

食べ物には、陰性のものと陽性のもの、そして中庸のものがあることは、
ご紹介しましたが、

もうちょっと、詳しく書いてみたいと思います。

「陰性」「陽性」と言う言い方は、「何かに比べて・・・」陰か、陽か・・・であると言うことです。
例えば、「ごぼう」は、 陽性です。
これは、野菜の中では、「陽性」ですが、
お肉と比べた場合には「陰性」になります。

(肉と野菜では肉=陽、野菜=陰です)

また、「ごぼう」自体にも、皮の部分と芯の部分、葉に近い部分と根の先の部分
に陰と陽は、あります。

どんな食材にも、「陰性」な部分「陽性」な部分はあると言うことです。

実ごと・皮ごと・あく抜きせずに食べることにより、
調和された食材となります。
まさしく、一物全体食の考え方に納得でした。


食材だけでなく、調理法にも陰性と陽性があります。

陰性      ←          ←中庸 →               →  陽性
電子レンジ   電子調理 蒸す 茹でる 煮る 焼く 炒める       揚げる 


陰性の食品でも、加熱の方法や、陽性の食品と組み合わせて調理することにより、
陽性の性質、もしくは中庸の性質に近づけることができます。
例えば、体を冷やす陰性のジャガイモを炒めると、中庸に近づきます。

面白いですねface02

同じカテゴリー(マクロビオティック)の記事画像
マクロビ的 お出汁の取り方2
マクロビ的 お出汁の取り方1
同じカテゴリー(マクロビオティック)の記事
 マクロビオティック料理に一言!? (2006-11-27 23:00)
 陰陽の乱れ 意外と繊細なお野菜達・・・ (2006-11-24 14:01)
 マクロビ的 お出汁の取り方2 (2006-09-28 15:40)
 マクロビ的 お出汁の取り方1 (2006-09-27 16:39)
 陰陽五行説  (2006-08-06 02:56)
 身土不二 (2006-08-04 23:04)

Posted by kitten at 14:05 │Comments(0)マクロビオティック
この記事へのトラックバック
健康管理に関する情報と日記
沖縄料理【健康管理特集】at 2006年11月23日 21:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。