2011年08月08日

品格ある東京新聞

久しぶりの更新です。

毎日24時間、ガイガーカウンターで放射線量を計り続け、
常に最大限の防御をして過ごす毎日ではありますが、
ヨーガと玄米菜食のお陰で、身体も心も元気一杯で暮らしています。

1ヵ月に1度以上は、気分転換も兼ねて、プチ避難を繰り返す生活が続いています。

今の郡山の子供達の現状として、
今年のプールの授業は屋内プール施設を使い、たったの1回だけだそうです。
もちろん市民プールも中学生以下は入れません。

近くの公民館に飾られていた今年の七夕の短冊の願い事に、
「おそとであそべるようになりますように・・・」と子供の字で書いてありました。

まだまだ、まだまだ、ふくしまの厳しい生活は続いています。

決してこの事実を風化させてはならない、強く思っています。


さて今日は、東京新聞の話題を。
震災を機に、品格のある冷静な報道をする新聞として東京新聞を知りました。
内容を知り、千葉県に住む私の実家も大手新聞から東京新聞に変えました。
(郡山でも東京新聞を取ることができればよいのですが・・・)


先日の7月31日、福島市で開かれた原水爆禁止世界大会の様子も、
翌日の8月1日の東京新聞では一面のトップ記事としてカラー写真付で大きく載せられていました。
一方、福島の地方紙には、一面ではありましたが、写真はなし、記事も5分の1程度の量。

今、福島から世界に発していかなければいけないことが沢山あるはずなのに、
大変残念に感じました。


東京新聞を読んでいると、「今までの新聞はなんだったのか?」と思えるほど、
ニュースの真相がわかりやすく、冷静な判断で書かれている事に気がつきます。

少し前の記事になりますが、
気になる記事をまとめておきたいと思い、ピックアップしてご紹介します。


8月3日22面 8月4日24面
7月27日の衆議院厚生労働委員会に参考人として出席した
東京大学アイソトープ綜合センター長児玉龍彦教授の発言に関して、
2日間にわたりしっかり内容が載っていました。

「七万人が自宅を離れてさまよっている時に国会は一体何をやっているのか」

と、震えながら満身の怒りを表した児玉教授の言葉に、
もやもやしていた気分がすっきりとした人は、私だけではないと思います。


内容は、
・放射能汚染は広島原爆の29.6個分、ウラン換算では20個分が福島第一原発から漏洩した。
・原爆による放射線の残存量が一年で千分の一になるのに対し、
 原発の放射能汚染物は一年で十分の一にしかならない。
・食品検査に使う最新測定機が日本にはあるのに、使っていない。
・チェルノブイリ原発事故でも「影響があったと分かったのは20年後。」
・プルトニウムは、骨や肝臓に移り、長い間にα線を出し続け、肝がんや肝硬変、白血病を発症する。
・放射性ヨウ素は甲状腺に、セシウムはぼうこうなどに集まる為
 「部位の集積を診なければ、全身をいくらホールボディースキャンしても意味がない。

生の声を聞きたい方は、動画サイトにてご覧下さいませ。
こちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=HdF48RT9Ja8&feature=player_embedded




8月2日9面
中国高速鉄道事故「別の事故でも埋めていた」
中国のある主要駅の責任者が以下の内容を匿名で中国誌に証言。
「鉄道当局は、これまでも事故の翌日には、工事車両が現場に派遣されてきた、
 別の事故でもいつもそうやってきた。今回は、メディアの関心が高かっただけ」
高速鉄道の信号機設備が緊急時に障害を起こすことは、
「内部では秘密ではなかった」と暴露した。




8月2日 2面
沖縄にも放射性物質。
東京電力福島第一原発から約1700㌔離れた沖縄県でも降下物累積測定にて放射性物質を検出される。
北半球上空の大気は、1~2週間で地球を一周するため、
原発から放出されて、地球を周回した後、雨などで落下したと考えられる。




日本は、世界中を汚染しているという事実を、
私達日本人一人ひとりが自覚をしていかなければならないと強く思いました。


原発に関しての日本の報道規制、情報操作、情報隠蔽は、
中国高速鉄道の情報隠蔽体質と差がないように感じています。  


Posted by kitten at 10:42Comments(2)福島原発

2011年03月19日

原発 放射能 対策 食事から身を守る方法

まだまだ予断ならない原発の報道に、
心が乱されそうになります。

体と神経と精神とを調えるためのハタ・ヨーガ。
こんな時にこそ、自分自身を見つめるために行法と理論の勉強が救ってくれています。

今勉強している本『バガヴァット・ギーター』の中で、昨日ふと目にとまった内容は、

不幸において悩まず、幸福を切望することなく、愛執、恐怖、怒りを離れた人は、
叡知が確立した聖者といわれる。

第二章五六より


30年近く関東で暮らし、エネルギーに不自由なく過ごしてきた私が、
福島県郡山市に嫁いできて震災にあい、
首都圏に電力を送り続けてくれた原発の恐怖を知るというのは、
何か意味があることなのだと思います。

今は、この状況下で、どう考えどのように生きるかを試されているような気がします。


5年ほど前に書いた記事でも触れていますが、
もう一度。


◆長崎原爆
爆心地から1.8メートルほどにあった聖フランシスコ病院の医院長秋月辰一郎先生と医療スタッフ、
そしてその患者さんは放射能疾患に取りつかれてしまいます。
秋月先生の行った処置は、玄米ご飯、味噌汁、醤油汁、わかめなどの海藻、北海道産のかぼちゃ、
食塩などの食事を摂ること徹底させます。
そして砂糖禁止、甘いお菓子を絶対禁止。
その結果、先生と医療スタッフ、患者さん全て、被曝による犠牲者を一人も出さずに済んだそうです。


◆広島原爆
被曝され、生死をさまよい一命をとりとめた平賀佐和子さんは原爆症に毎年悩まされていた時、
玄米食に出会い、健康を取り戻し、元気に7人のお子さんに恵まれました。
このとき、平賀佐和子さんは、玄米ご飯を1口に100~200回かけて噛んだといいます。

◆三重県で発生した農薬入りぶどう酒事件
玄米常食者の浜田のりこさんだけが無事でした。


日本綜合医学会理事の井上明氏のブログには、
上記の長崎原爆と広島原爆を乗り越えたお話がもっともっと詳しく書かれています。
どうぞご参考下さい。



原発 放射能 対策

食事から放射能を放出する方法。
~自分と家族を守るために~


・玄米に黒すりゴマ塩(1口100回以上噛む)
・海藻と本物の味噌(わかめの味噌汁など) 
・発酵食品を摂る。(味噌、梅干、納豆、漬物)
・砂糖、小麦粉、牛乳、果物、アルコールは放射能被害の症状を悪化させるため、摂らない。


ご参考まで。
いろいろな玄米の炊き方 全7記事
玄米の炊き方 電気炊飯器編
玄米を食べる時の注意点
玄米は、消化が悪いですので、よく噛むことが何より大切です。


水も電気もガスも食料もない状態の被災者の方がいる中、
ガソリンが手に入らず、スーパーは品薄な状況の中で、
このような記事を書くことに少し迷いはありましたが、

福島県人として、
原発、放射能に対し恐怖を抱いている人間として、

知っていることは一人でも多くの人にお伝えして、
みんなで元気に乗り切って生きたいと思って書きました。

先人達が原爆という恐ろしい経験を克服された方法を、
今私たちでできる範囲で行っていければと思います。

不愉快な思いをされる方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。

日本を信じて、東電を信じて。
命をかけて頑張っている人の無事を祈って。
そして、自分の生きる力を信じて。
  


Posted by kitten at 15:25Comments(4)放射能対策

2006年08月10日

「サダコと折り鶴」展

知り合いから、三春町の三春会館で、
「サダコと折り鶴」展(8月8日~10日)をやっているという話をいただいたので、
昨日、行ってきました。

二歳で被爆し、白血病のため十二歳でこの世を去った佐々木禎子さんが、
病室で病気が直ると信じて折った千羽鶴のお話です。
貞子さんが亡くなった後 
「二度とこんな悲しいことが繰り返されないように」
と禎子さんが一日も通えなかった中学校の生徒らが、街頭で募金活動を続け、
平和を願う像を建立したといいます。

同級生らが起こした行動に感動しました。
いまでも、世界中でこの貞子さんの絵本が作られ、世界中から折り鶴が送られてくるようです。

放射能は、特に、若い人の細胞に決定的なダメージを与えてしまうと
主催者の方がおっしゃっていました。



また、玄米の勉強をしていて、こんな話があったのを思い出しました。

◆長崎原爆
・・・玄米食をしていた聖フランシスコ病院医院長秋月辰一郎先生と数名の看護婦さんらが奇跡的に助かり、救助活動をされていました。

◆広島原爆
・・・被爆され、生死をさまよった平賀佐和子さんは玄米食で健康を取り戻し、元気に7人のお子さんに恵まれました。

◆三重県で発生した農薬入りぶどう酒事件
・・・玄米常食者の浜田のりこさんだけが無事でした。

玄米には、食品添加物や農薬などの化学物質を体外に排出する働きを持つ食物繊維が多く含まれていると言われていますが、
まだまだ未知な成分が沢山あるとも言われています・・・・・。  

Posted by kitten at 09:35Comments(0)健康自然食